人事

人事

ジョブ型雇用をなぜ採用しなければならないのか

人事で就活をしていると、3社に1社くらい「ジョブ型雇用」という言葉を聞きます。ジョブ型雇用とは簡単に言えば、業務内容に基づいて必要な人材を採用・契約する事。従来の人に基づいて業務内容を手配する事とは思想が全く異なります。 さて、わた...
人事

社員を合法スレスレで退職に追込む方法

人事には全社員の退職情報が集ってきます。だいたい「家庭の事情」とかそれらしい理屈をつけて退職になるのですが、面談等で1対1になると、「実は・・・」と始まり、真実の理由が語られたりします。こういった本当の退職理由を聞けるのは人事なら...
就活

年収上げ過ぎると転職出来ないという落とし穴

売り手市場の昨今でもなかなか内定を取れないという転職希望者が結構います。こういう希望者は落ちますよ!という類型は色々ありまして、以下のような転職サイトが参考になります。 会社の売り上げを億単位で左右するのが採用ですから、会社...
就活

面接を受ける前から不採用が決まっているという事

書類選考を通過した。さて、次はいよいよ面接だ。 第一志望企業だから、じっくり面接対策を行って、企業研究も行った。経歴も先方企業に合ってるし、キャリア志向も合っている。服装もクリーニングおろしたてでビシッと決めた。口臭対策もバッチリ。 さあ行...
人事

新卒採用はなくなりません

先日、経団連会長、就活ルール廃止に言及というニュースが紙面をにぎわせました。 経団連の中西宏明会長は3日に開いた記者会見で、就職活動の時期などを定めた「就活ルール」の廃止に言及した。国境を越えた人材の獲得競争が広がり、経団連が個別企業の採...
人事

働き方改革の成果を、生産性向上で測ると失敗する

働き方改革を議論しているときに「生産性の向上の観点から、テレワークには懐疑的」という意見がありました。働き方改革先進国アメリカでは生産性の向上が測れないから、すでにテレワーク導入は見送られ、「オフィスに出勤」へと回帰しているとか。 ...
ONIKUMA哲学

新人マナー研修は自分の為ですよ

新入社員研修でマナー研修の講師をやっているONIKUMAです。つい先日も新入社員に対するマナー研修(マナーマインド)をやってきました。 お辞儀の仕方や、言葉遣いなどを研修で教えるまえに、マインドを教えるようにしています。それは...
人事

ランサーズ検定がMCPやTOEICより上に来る日

皆様、ランサーズというクラウドソーシングサービスをご存知でしょうか。 これは、仕事ができる人と仕事を発注したい人を結びつけるサービスです。 例えばExcelが得意な人が登録をしていて、Excelで書類を作って欲しい企業が...
ジェンダー

ママ社員と独身社員の深まる溝

まさにわたしの言いたい事がギュッと詰まった、女性が書いたコラムがあったので紹介します。 全く以ってその通りで、全文紹介したいくらいですが、以下に抜粋してお伝えします。 特定の人だけに負担が行くのが問題 女性の社会進出やワー...
人事

部下がコッソリ転職活動?!それを見破るには

現職中にコッソリ転職活動をしていた自身の経験、および、過去コッソリ転職活動をしていった同僚の行動を踏まえて、コッソリ転職活動をしている者の特徴を説明します。 最初に説明するものほど、コッソリ転職の可能性が高まります。 先にまとめると...
タイトルとURLをコピーしました