面接を受ける前から不採用が決まっているという事

書類選考を通過した。さて、次はいよいよ面接だ。

第一志望企業だから、じっくり面接対策を行って、企業研究も行った。経歴も先方企業に合ってるし、キャリア志向も合っている。服装もクリーニングおろしたてでビシッと決めた。口臭対策もバッチリ。

さあ行くぞ!!

・・・が、残念!!

どんなに素晴らしい経歴を持っていても、どんなに人柄が良かったとしても、どんなに面接での受け答えが完璧だったとしても、面接を受ける前にすでに不採用が決まっている。

そんな不思議な状況があるんです。

私も中途採用面接官をやってから、初めて知りました。

もしかしたら、あなたの面接の不採用は初めから不採用が決まっていたのかもしれません。

受入れ部門の部門長の気が変わった

書類選考合格してから面接をするまでに、書類選考時はあれだけ「うちに欲しい!」と言っときながら「やっぱりうちは要らないや」と、意思をコロッと変えてくる部門長が結構居ます。

人事部としても非常に困るのですが、「要らないったら要らない」と言われてしまえばもはや人事は何もできません。

当然、応募者に「部門長、君を要らないってよ」なんて言えませんので、不採用前提の誰も得をしない面接を実施します。当然、その場に「是非面接を!」と主導していた部門長は居ません

人事部門の人間であれば、軽々な内定取消は重大な信用毀損(というか法律違反)になる事は知っていますが、現場は「内定っても、状況変われば取り消せるんでしょ?」くらいの認識だったりします。

そのような認識なので、面接のドタキャンなども、これまた「面接予定もキャンセルできるんでしょ?」位の認識だったりします。

面接も、内定も、一度本人に伝えたら取り消せないのよー!!

学校やエージェントとのお付き合い

新卒採用であれば学校のキャリアセンター・教授、中途採用であればエージェントと、彼らの紹介数いかんで採用数が大きく変わる企業も多いと思います。

ですので、彼らに気を遣い「書類選考でいきなり落とす」はせずに、「一度面接をしてから落とす」というお気遣い面接をする事があります。

ほら、やっぱり、せっかく面談をして紹介してくれた候補者をお祈りメールだけで退けられたら良い気分はしないじゃないですか。

なので、せめて「優秀な方御紹介ありがとうございます!面接してみたんですけど、残念ながら今一歩及ばず、他の候補者(そんなのいないですが)に決まってしまいました!惜しい所まで行ったので、次回もよろしくお願いします」と言って気分を盛り上げるわけですね。

この場合は候補者の学生さんや中途応募者さんは単なる犠牲者ですが、確実に書類NGのレベルだったのに実際に会ってみたら思いのほか良くて、内定に至ったというケースも0.1%程は考えられなくはないので、まぁどちらが良いんでしょうね。

面接の練習台だった

面接は誰でもできますが、優れた面接を実施しようと思ったら、理論と経験が必要になります。それらを持ち合わせてないと、面接すればするほど自社の辞退者が増えるだけではなく「偉そうなおっさんの圧迫面接で嫌な感じだった」など悪評が広まります。

理論は机上で学べますが、経験は実践が必要です。そうです、実践が必要です。というわけで、本来は書類NGにしてしまうような候補者を敢えてOKにして、その候補者で「実践!!面接官トレーニング」を行う訳です。

具体的には理論を研修で2日程叩き込んだ新米面接官が、ベテランの面接官と2人一組になって面接を行い、面接の評価表を書くわけですね。両者の評価を見比べて「なぜベテラン面接官はこういう判断をしたか?」という勘所を新米面接官は実地で盗むわけですね。そして同じような勘所を身に着けるべく再度「練習台」を基に面接評価を行っていくわけです。

「練習台」は自社の優秀な面接官を育てるのに必要不可欠です。「練習台」の死屍累々の上に、技術や経験が付いてくるという意味では医薬品の製造工程と似ているかもしれません。もちろん、医薬品開発のように広く一般にその成果が共有されるわけではありませんが

まとめ

就職面接では受ける前から落ちる事が決まっている事があります。

  • 受入れ部門の部門長の気が変わった
  • 学校やエージェントとのお付き合い
  • 面接の練習台だった

上記の怖い所は、やられた方は全く気付かない構造にあります。つまり、企業側が「いや~あと一歩だったんですけど、他に良い人が居て、泣く泣く面接NGにしました」と言われたら、それをうのみにするしかありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする