ママ社員と独身社員の深まる溝

まさにわたしの言いたい事がギュッと詰まった、女性が書いたコラムがあったので紹介します。

全く以ってその通りで、全文紹介したいくらいですが、以下に抜粋してお伝えします。

特定の人だけに負担が行くのが問題

女性の社会進出やワーママ活用と言われると、「周囲の理解と支援を」的な意見が多いが、「周囲の支援」とは「周囲からの搾取」でもある。

女性活用の有識者が好んで主張する「ママ社員は残業・営業・外勤もダメ。子どもが病気で休むのは当然。でも、給与・昇進は年齢相応に。不平を言うのはマタハラ。」的な対応は、周囲の不平・不満が蓄積し、いずれ破綻するだろう。

ワーママ本人も「中途半端に頑張っても給料変わらないし、使える権利は最大限使おう」と窓際人材に退化しやすい。

周囲からの搾取とは強烈ですね(笑)
ですが、これは本当にその通りだと思います。

ママ社員は残業・営業・外勤もダメ。子どもが病気で休むのは当然。でも、給与・昇進は年齢相応に。不平を言うのはマタハラ。」というのが一番問題です。

子どもを産む共働き世帯同士では「お互い様」が通用しますが、独身や専業主夫婦を持つ家庭の働き手、子どもを産めない女性や産まない選択をした女性にとっては非常に不公平に映ります。

それでなくとも、子どもがいる世帯は税制上の優遇を受けたり、企業側から補助金が出たり、産休や出産祝い金などの制度を利用できるなど比較的恵まれた立場なのです。

一方で、子どもの居ない世帯はそれらにかかる負担金を一生払い続けて終わります。更にそのうえ、会社での昇進や勤務形態に差を付けられてしまっては、不平不満を溜めるなという方が無理でしょう。

そうした不公平が許される論調として「日本の少子化」を挙げる人が居ますが、いつも疑問に思うのですがママ社員は国の為に子どもを産んでいるのでしょうか

国の為に子どもを産んでいるのだから、国民としては彼女たちを大事にするべきというのなら一応筋は通るかもしれません。

でも「国が少子化でしょ~。だから少しでも国に貢献したいと思って結婚出産しました」なんて語るママ社員います?? ・・・そんな人居たら気味が悪いです。

実際は、ほぼ全夫婦が個人的な欲求に基づいて子どもを産んでいると思います。国の事なんか考えたことも無いが、私達が子どもを欲しいから産む、という選択をしているんじゃないですか?

子どもを産んだことがたまたま国の助けになっていた、というだけでしょう。凄く失礼な言い方をすれば「結局は自分たちが子どもを持ちたかっただけ」でしょう?

それなのに「国へ貢献しているんだから!」と言われても「へへ~!ごもっとも!」なんて納得はできません。

確かに少子化対策は国の喫緊の課題ですから、国策として税金を投入し、産めや殖やせやをやるのは分かります。

そして税金は国民みんなから公平に徴収されるので、とても良いと思います。しかし、それ以上を国民に負担を強いるのはどうでしょうか。

国民じゃないですね。たまたまママ社員と同じ部署や隣接部署に居た、業務親和性のある特定の会社員だけが負担するべきなのでしょうか。

ママ社員が周りに居ない社員が居る。一方、ママ社員のフォローに回らされる社員もいる。どちらになるかは「周りの既婚女性社員が子どもを産む意志を持つか否か」という運次第。

それはかなり不公平ですよね。

なので、現実的には「ママ社員は残業・営業・外勤もダメ。子どもが病気で休むのは当然。でも、給与・昇進は割引に。」くらいが良いのではないでしょうか。

そうしなければ、ママ社員を頑張ってフォローする、一生「お互い様」にならない社員がかわいそうすぎます。彼らだって同じ国民であり、同じ会社員なのです。国民には彼らの権利を尊重する義務はありませんか??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする