「どうすればいいですか?」はあなたの年収を下げる魔法のことば

転職経験3回、10年以上人事をやっていると、いろいろな人を見てきます。

新卒で採用されて、順調に主任に上がるもの、上がらないもの。

中途で採用されるも頭角を現さずにどんどん埋もれていくもの。期待通りの成績を残すもの。

派遣社員で活躍し、正社員を凌駕する実力を備えつつも、制度の壁は越えられずに苦悶するもの。辞めるもの。

本当にいろいろな人を見てきましたが、「役職や年収が上がらない人」「転職できない人」の特徴には一つの共通点がある事を数年前に発見しましたのでお伝えします。

これは中途新卒関係ありません。年齢も関係ありません。

「どうすればいいですか?」と平気で聞く人は年収が上がらない

これです。この言葉を上司や同僚にすぐ投げかける人で出世している人や、いわゆる「デキる」人を見たことがありません。

仕事は大まかに2種類に分かれます。一つは定型業務、もう一つは非定形業務です。

そしてほぼ例外なく以下の関係性が成り立ちます。

  • 定型業務
    答えが分かる。低賃金。ミドルリスク・超低リターン。誰がやっても成果の質は同じ。量は異なる
  • 非定型業務
    答えは分からない。高賃金。ハイリスク・超高リターン。人によって成果の質・量ともにものすごく異なる。

さて、冒頭の「どうすればいいですか?」は定型業務に対する答えを聞いている状況です。
つまり、「どうすればいいですか?」と聞いて答えが返ってくるとしたら、その人は答えが分かるような定型業務しかやっていない証拠です

この状況は一見恵まれていますが、ずっと仕事を続けていると、早晩、低賃金にあえぐことになるか、または転職できずに今の職場にしがみつくことになります。

これは100%間違いありません。いっぱいいろんな人を見てきた中で、そして自ら転職市場に身をさらす中で実感してきた体験知です。

たとえば「人を笑わせる業務」という仕事を請け負ったとします。そこで「どうすればいいですか?」と上司や同僚に聞いたとしましょう。

そこで「お笑い芸人を呼んで。予算は120万円くらいだから、経理に決済もらっておいて。」と指示を受けたとします。するとやる事は「お笑い芸人を呼ぶ」と「経理に決済をもらう」という事だけです。

こういう状況で業務をしていると、非常にまずいです。

「人を笑わせる業務」は、答えなど存在しない非定型業務です。そして、答えがないからこそ、人によってそのアウトプットが大きく左右されるものですし、報酬も青天井が付くものになります。

しかし、「人を笑わせる業務」の中でも「お笑い芸人を呼ぶ」と「経理に決済をもらう」は定型業務になります。答えはもう分かりきっている状況です。「お笑い芸人を呼ぶ」のであれば、芸能事務所に連絡をすればいいでしょう。「経理に決済をもらう」のであれば経理部へ決済方法を聞きに行き、書類を整え、上司に承認をもらえば良いのです。

要は、非定型業務の中にも定型業務があり、それを担っていては年収の向上は狙えないよ、という事です。

そして定型業務を担う人材に自らを降格させる魔法のことばが「どうすればいいですか?」です。

常に「HOW」と「WHY」を考える

私自身が転職市場で職に困らないキャリアを送れている一つの肝は、「上司に「Yes/No」で答えさせる聞き方のみをする」という意識があります。

たとえば「新卒採用年間で10名」という仕事を任されたとします。

低年収にあえぐ人は「どうすればいいですか?」とか「昨年と同じで良いですか?」と聞きます。

一方で転職市場で価値が高い人は「昨年のデータから分析するに学校訪問で母集団を500名集めようと思います。ただし採用人員が3名は必要になるので、佐藤さんと吉田さんを補助につけたいのですがいかがですか」と聞きます。

両者の違いはわかるでしょうか。

低年収にあえぐ人は「HOW(どうするのか?)」と「WHY(なぜその手段を取るのか?)」を全然考えていません。一方で転職市場で価値が高い人はそれをすべての業務に於いて考え抜いてきます。そして転職の面接で「HOW」と「WHY」をアピールするのです。

もちろん、働く方にとっては「HOW」や「WHY」を考える事はすごく難しいですし、時間もかかるのでやらない方がマシに見えます。

しかしそういう訓練を受けてきたりチャンスをものにして来た者でなければ、まともな転職が出来ない時代になっています。長期的にみると、若いうちから「HOW」や「WHY」を考え抜いて自分を鍛えておいた方が、安定した人生を送れるようになっているのです。

低年収思考テスト

では自分がどれくらい低年収思考にさらされているのかを簡単にテストします。別にこれに正確に答えたからと言って年収が上下しませんので、正直に答えてみてください。

  1. どうすればいいですか?と聞くのは問題が迅速に解決できるので多用した方が良い
  2. 全ての業務を考えながらこなすには持久力が足りない
  3. 仕事はすべて価値のあるものだから、その時間配分は意識しない
  4. 仕事の事は仕事中のみ全力で考えるべきだ
  5. データを分析したり、根拠を調べたりする事は面倒だし経験がない
  6. 提案には感情論も悪くないと思う
  7. ニュースや新聞の論説を読んで「ん?それは違うのでは?」と思う事は少ない
  8. 年収が同じなら、マニュアルや研修が整っている職場が良い

いずれも○が付けばつくほど、低年収に落ちる可能性が高くなります。

理由はすべて「非定型業務から自分を遠ざける行為」だからです。すこしずつ解説します。

  • どうすればいいですか?と聞くのは問題が迅速に解決できるので多用した方が良い
    これが一番だめです。いかなる時も「迅速に」どうすればよいかを自分で考えられるようにならなければいけません
  • 全ての業務を考えながらこなす事には持久力が足りない
    細かい雑務もすべて考えながら仕事をしなければ、雑務の圧縮が出来ません。当然、本業の時間が雑務に奪われることになります。
  • 仕事はすべて価値のあるものだから、その時間配分は意識しない
    全ての仕事は考えながら行いますが、その時間配分は違います。雑務は一瞬で何回も、本業はそれこそ一日中、何年間も(時には一生)考え続ける事が必要です。
  • 仕事の事は仕事中のみ全力で考えるべきだ
    本業の「WHY」や「HOW」はなかなか有効な正解が見つかりません。それこそ一日中、何年間も(時には一生)考え続ける事が必要です。
  • データを分析したり、根拠を調べたりする事は面倒だし経験がない
  • 提案には感情論も悪くないと思う
    感情論だけでは人は絶対に動きません。まずはデータを分析し、根拠を提示しなければ話になりません。そのうえで最後に自分の滾る情熱を載せて、何度も説得を重ねて妥協を図らなければならないのです。「感情論が大事」という人で立派な人は(世襲制のボンボン以外では)見たことはありません。
  • ニュースや新聞の論説を読んで「ん?それは違うのでは?」と思う事は少ない
    普段から物事を考えていない証拠です。誤った言説は巷にあふれています。情報を入れたら逐次自分の頭で思考をし、論点を整理し、反論や同意するように訓練をしなければ持久力は付きません。なお、ブログはその意味で良い訓練になります。
  • 年収が同じなら、マニュアルや研修が整っている職場が良い
    マニュアルや研修は「WHY」や「HOW」を自分で考えるという機会をそがれます。ただし、「なぜこの動作をするのか」を逐次教えてくれるようなマニュアルや研修は一定の効果があります。

今からでも遅くない!自分の市場価値を高める方法

30歳以上の方で、主担当の業務について「HOW」と「WHY」を細かく答えられない方は要注意です。しかし、明日からの心がけ次第で転職には困らない人材へと昇華していくはずです。

  • どうすればいいですか?は今後一切禁句。言う時は自分の葬式の時だけ!くらいの気概を持つ
  • 上司や同僚には自分のプランに対して「Yes/No」しか言わせない
  • 上司や同僚から「判断できないから○○という情報をくれる?」と言われたら、準備出来なかった自分を思いっきり悔しがれ
  • 定型業務は徹底的にマニュアル化し、喜んで定型業務を引き受ける低年収者に回す
  • 上司や同僚との関係は「経過報告と承認のみ」がベスト。連絡と相談は不要(という状況が望ましい)
  • とは言っても、礼儀・雑談・飲みを含めたコミュニケーションは絶やすな(上司や同僚も人間)

以上です。事実、私の仕事中の態度ですが、なかなかうまくいっています。ただし、疲れますけどね(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする